人間にある最大のギフトは「知的好奇心」だと思う

ふゆらの日常

 

なんで、空は青いの

なんで、車は走ってるの

なんで、お金はないといけないの

 

どうも、ふゆらです。

 

幼少期2~5歳にかけて

人間は約40,000回の質問をするといいます。

 

目につくもの、母親の会話

絵本に出てくるもの

 

すべてが新鮮で気になって

わくわくして・・・。

 

世界のことが知りたくてしょうがない。

 

そんな時期なのだと思います。

かわいい笑

 

(まあ、答える方は必死ですが)

 

わたしも、幼少期から好奇心は強い方で

とりあえずなんでもやるし

ウロチョロするし、他人には話しかけまくるし

 

目を離すとキケンな子供でした。

なにしでかすかわからんと思ってたそうです(母談)

 

おかげで、母から聞く子供の頃の爆笑エピソードは

まったくネタ切れにならないくらいあるし

 

なんなら、記憶の中だけじゃなくて映像として残ってるので

本当に上映会とかされたら

穴に入るくらいじゃ済まないほど恥ずかしいです。

 

破壊したいけど、思い出なので破壊できないジレンマ。

 

ビデオカメラを親から奪って自分で回すのが好きだったので

家族旅行の映像とかめっちゃ声はいってるんですよ!!

言ってることがバカ丸出しすぎてマジで、画面叩き割りたくなります。

 

 

でも、「大人になるにつれて」そういう好奇心も薄れていくんですよね。

 

理不尽に耐えるのが大人だよ

いつまでも変なことしてないで、大人になりなよ

 

本当にできると思ってるの?

大人としてもっとちゃんとしなよ

 

こういう言葉に、人生に一度はであうんじゃないかな。

 

そうして、理不尽に耐えてしまう

自分からなにか変化を起こそうとしない

コントロールしやすい「大人」が誕生します。

 

もう、この類の言葉を聞くと

心がギュウッて最近なるんですよ。

 

この前も見てきた映画で、

「いつまでも甘いこと言ってないで、大人になれ」と

出てきて。。。

 

ギャアッってなりました。

言われている子は、夢に向かって行動しようとしてるのに

無責任に他人がこういうのです。

 

なんで応援してあげられないんだろう。

そうして夢を持つのをみんなやめていくんだろうな。

 

そう思わずにはいられない。

 

子供の頃って何でもできる気がしますよね。

空を飛べるし、プリキュアにも、仮面ライダーにもなれる。

 

将来の夢に書いたりしませんでした?

(勝手にあるあるだと思ってる)

 

そうして、小学校、中学校と行く中で

現実的な「できる範囲」でしかものを考えなくなっていきます。

 

安全圏にいなさい。挑戦なんてするもんじゃない。

そう言われて、個性は丸くなっていくのです。

 

大人の役割って、夢を応援することじゃないの?

むやみの応援するのはさすがに無責任だけど

そのためのサポートだったらできます。

 

それでだめでも、子供は夢を語れなくなるわけじゃない。

挑戦したことでそれも自信になります。

 

自信を失うのは何より、挑戦もせず

諦めてしまって自分を嫌いになるからなんですよね。

 

わたしも例にもれず、それでした。

ぼーっと日々を過ごして

生き吸って吐いて、無気力。

 

多分、くすんだ眼をしてたし

口から出るのは希望のないことばばっかり。

 

友達と話して遊んで、それは楽しい。

でも、将来に目を向けた途端

先にあるのは暗闇だけ。

 

人生、まじで楽しくなかった。

支えてくれていたものもあったけど

それがなかったらと思うとぞっとしますね。

 

なんのために生きてるんやろう。

 

ネットビジネスを学び始めて、

一番うれしかったのは

「知的好奇心」が戻ってきてくれたことでした。

 

本当に、学ぶのが楽しいし、興味が尽きない。

自分から「知りたい!」って欲求のまま

日々を過ごせるなんていつ以来だろうって思います。

 

恋したわけじゃないけど、

カラフルに色づきだしたんですよ!

 

そして、学んだことをコンテンツにして

出すと価値提供にもなる。

「おもしろいですね!初めて知りました」

「こんなこと考えたことありませんでした!

 ありがとうございます」

 

ほぼ趣味に近い気分で学んだことでも

喜んでくれる人がいる。

それってすごいことだと思うんです。

 

そして、もらえた感謝がさらに

「学ぼう」ってモチベーションになる。

 

めちゃめちゃ良い環境にいるなと思います。

 

でも、これって自分がネットビジネスをやろうと

決断して、行動してきたから得られたものなんですよね。

 

決断は一瞬です。

どんだけ悩んでも、決断しなければいけない瞬間は

必ずやってくる。

 

だから、もう最近は即断即決を心掛けています。

どうせやるんだから早く。

 

やった方がいいんだから、やっておけ。

 

そう思って、見切り発車なこともあるし

失敗して痛い目見ることもあるけど

人生の密度が明らかに濃くなったのを感じました。

 

いままでの人生は薄めまくったカルピスかって感じ。

 

びみょーな味わい笑

 

人っていつでも変われるんだなぁって思います。

それがわかりました。

 

いまのわたしの日常は、

「なんで?」の疑問にあふれてるし
それに合うだけの学びにあふれてます。

 

シンプルに楽しすぎる。

 

知らなかったことを知っていくのも

体験したことないものに触れるのも。

 

押し付けるわけじゃないけど

知ることで世界はこんなにも面白くなるんだって

いろんなひとに知ってほしい。

 

情報発信の中で

わたしがやりたいことの一つです。

 

そうして、偏っておもしろい人が増えれば

きっと楽しい。

 

今の時代、平均であることより

偏りが激しいことって武器だと思うんです。

 

最近「うっせえわ」で話題のadoさん

カブトムシを観察して常識をひっくり返した小学生とか

 

そして、この偏りの源泉が「知的好奇心」なんですよね。

 

〇〇をやってみたい。

こう望めることからすべては始まります。

 

ビジネスを学んでるのだって

お金のこともあるけど

まず「おもしろそう」と思ったのもあります。

 

なんでもやってみたかったらやればいい。

そういう挑戦を、喜んで後押しする世界になればいいな。

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメント

タイトルとURLをコピーしました