ふゆらの過去ストーリー【自己紹介】

ふゆらの日常

どうも、はじめまして。

 

こんにちは。ふゆらです。

このページを訪れてくれてありがとうございます。

 

後で詳しく話しますが、

さらっと自己紹介すると

 

東京在住の20歳。

 

現在はネットビジネスを開始してそれなりに経ったので

自分の人生整理でもしようかと思い立って

プロフィール記事を書いてみました。

 

 

プロフィールなんて自分のことをとうとうと語る記事を書くなんて

ちょっと気恥しいし、誰得なんだろうと思ってたんですが

 

ネットという意思一つで誰かと深いつながりも

薄いつながりも構築できるフィールドにおいて

正体不明って怖いよなと思い返して

 

わたしってこういう人間です!っていうのを大暴露していこうかとね。

 

とはいえ、さっきも言ったけどなかなか気恥ずかしいので

思い立った今、だだだー!っと書いちゃおうかと思った次第ですよ。

 

 

 

ではでは、しばしおつきあいくださいませ。

ここまで読み進めてくれたあなたと仲良くなれると嬉しいです。

ふゆらという人間が丸裸になっちゃうそんな記事です笑

 

 

Happy Birth Day!パンパカパーン!

2000年4月30日。

熊本県のド田舎でわたしは生を受けました。

 

母、父、兄、姉ときてわたしの5人家族末っ子です。

 

なかなかおかしな、、、

いえ、おもしろ愉快な子だったらしく

聞けば笑いすぎで捧腹絶倒案件エピソードを

それぞれ持つ我ら兄妹であります。

 

なにかの機会に暴露できればおもしろいかな笑

 

 

【幼少期】なかなか扱いの難しい娘っ子でした。

さてさて、すくすく育ち保育園に通うまでになりました。

 

当時のわたしは保育園は好きだけど

保育園に”行く”のが嫌いという

小さい子あるあるのわけのわからんこだわりのもと

生活しておりましたので、

毎日が親とのバトル三昧でした。

 

布団から出るところからゴングはなります。

朝ごはん食べて、服を着替えて

車に揺られ保育園へ。

 

抵抗したくてあちこちにしがみつくわ

ダンゴムシのようにまるまって歩行拒否するわ

今、思い返せば「お母さん、大変お疲れ様です」と

お茶を入れてあげたくなってしまいます。

 

兄妹あるあるで共感してもらえると思うんですが

兄は6つ上、姉は2つ上で先に小学生になっています。

 

冬になると、ヤツが流行りますね。

インフルエンザです。

 

兄と姉が同時にかかった時がありまして、

ここぞとばかりにわたしはごねました。

「ずるい!お兄ちゃんもお姉ちゃんも休んでるじゃないか!」と。

 

いや、風邪ひいてんだよ。という正論は虚しいばかりです。

 

結局、保育園を休んで家で遊んでました。

 

兄妹がいるおかげか相当小さい頃から

周りよりはやくべらべらよく口がまわり

目を離せばどこかへ消える

とても元気の良い子供だったそうです。

 

見知らぬ人とはよく話すのに、

人見知りでクラスメイトとはなかなか打ち解けられない

困ったちゃんでもありました。

 

【小学生時代】人生の転機ってここだったなぁ。コペルニクス的ターニングポイント。

さて、育って小学生。

田舎ではほとんど同級生なんて変わらないので

変わったことと言えば先輩がたくさんできたぐらいでした。

 

人見知りであるものの、もともとやんちゃ娘だから

「仲良くなったらおもしろくなる」との評価を

昔も今もよくいただきます。

 

小学生って不思議ですよね。

10分しかない休み時間にでも外に出ようと思う

その発想と行動力。

 

これくらいの行動力を今、欲しいものです。

だんだん腰が重くなってしまうのが悲しいですね。

頑張ります笑

 

 

わたしの親とのバトルは小学生でも続きました。

小3までやってたと思います。

学校行きたくないわたし VS 学校行かせたい親

 

仕事もあるのに、毎朝毎朝。

書いてる今も申し訳なかったなあと画面の前で苦笑い。

 

なにせ3年間つづけたので、

だんだん先生と母の連係プレーが上手くなっていたのは

感慨深いです。

 

ぐずってなんとか学校に行き、保健室で過ごし

何食わぬ顔で給食から教室にいる。

というのがほぼ毎日でしたね。

(ちゃんと朝から自分意思で登校してた日もありました)

 

ターニングポイントは小3のとき。

それまで、授業中に積極的に手を上げて

休み時間は外にでるような子供だったわたしが

 

一転。

積極性を失い、人前に出るのが怖くなり

本の虫になった大事件です。

今も鮮明に覚えてる。

この時から、わたしは自己肯定感の持ち方がわからなくなりました。

 

「自分なんて」という思考に支配されるようになったのです。

 

些細で多分、相手もきっと覚えてないでしょう。

 

あんまり触れたくないので

自己肯定感が粉砕された事件があったということだけ。

ごめんなさい。いまだに思い出すと涙が出てきます。

 

その出来事以外でも、

少しずつ嫌な空気感、同調圧力に居心地の悪さを感じていました。

 

女の子は前に出ず、おとなしくあれ

勉強はみんな同じスピードで、必死にやらない

予習してたのに先生が微妙な顔をしたのは今でも納得いかないです。

 

とごたごたした結果

引っ込み思案で、自己肯定感はなし。

積極性に欠け、特に何が優秀なわけでもない。

面白みのない人間が生産されました。

 

そんなの気にしない子もいましたが、

よわよわ娘は自分を貫けずぽっきり折れてしまったのです。

 

【中学生時代】はしゃいでましたとも。ぽけぽけした娘っ子でした。

育って、育って中学生。

 

教室の隅っこでおとなしく本を読みふけっている

女の子でした。

 

小学校では30人ほどだった同級生も

120人ほどになり、人見知り炸裂です。

人が多いとどんな態度をとっていいか途端にわからなくなるんですよね。

 

なかなか新しい友達も出来ず、

同じ小学校だった人とばかり話していました。

 

相変わらず本の虫で、

雀の涙ほどしかお小遣いのなかったわたしは

読みたい本のほとんどを図書室に入れてもらってました。

司書さんと仲が良かったのです笑

 

 

【高校生時代】激動の時代。

育って、育って、高校生。

 

わたしは人見知り激しく

なかなか新しい場に溶け込めないくせに

やたらと新しいことをやりたがる悪癖がございまして。

 

高校はたった一人、

誰も友達のいない高校へ進学しました。

それも女子高。

 

入学後、すぐにある合宿では2日目朝に熱を出し

友達もつくれず学校生活をスタートする有様。

 

女子だらけと言う未知の環境。

友達もいない。しかも寮にまで入って家族とも会えない。

うーん、正気じゃないなこいつと思います。

 

まあ、それは置いといて。

入寮して1週間たつか立たないかってぐらいだったかな。

はい、熊本地震です。

 

鮮明に覚えてます。

21時30分ごろ、突然の揺れ。

大混乱でした。

 

揺れに気づくことさえできず

「なになになになに」と胸の中で繰り返す。

 

地面て揺れるんだと

これ以降、災害が一気に身近になりました。

 

中高一貫校で、寮には中学生もいて

そうとう怖かっただろうな。

 

地震のことについて語るとマジで長いのでまた別の機会に。

 

数か月後、学校が再開して

監獄生活がスタートしました。

 

寮から学校へは5分もかからず行けちゃうので

生活の基本は「寮or学校」でしたね。

 

7時から20時まで。

勉強勉強勉強です。

 

残る人は22時まで学校で勉強してました。

わたしはさっさと帰ってたけど笑

 

 

そこそこの進学校で、

「お前らの学校生活でやるべきことはなんだ?勉強だ!」と

言わんばかりの一応特進コースに行ってたんですが、

部活は基本的に禁止でした。

 

と、ここで問題発生です。

わたし、たいした目標がなかったのです。

言い訳めいてますが、勉強する意味みたいなのがなくて

勉強に身が入らずどんどん落ちこぼれていきました。

 

医者になりたい、薬剤師になりたい。

難関大学に合格したい。

 

周りの子たちは目標のために積極的に勉強してました。

 

それなりに頑張ってはいましたが、

~のために勉強するぞ!という受け皿が用意できてなくて

穴の開いたバケツに水を注いでいるような感覚を

感じながら生活してました。

   

そして、ほかにも問題が。

【女子高】なんですよ。

女子って怖いことを初めて身近に感じました。

 

受験期でただでさえ情緒がおかしくなる時期は特に。

もはや人間不信気味。やべぇの一言。

 

人間関係についてもおもしろいエピソードあるので

語る機会あるといいですね!

長くなりすぎるので今回はカットします。

 

そんな高校生活を送っていたので

先輩を見送るときには「脱獄おめでとうございます!」

なんてふざけていってたし、

 

自分たちの卒業でも「祝!脱獄!」と

大はしゃぎしていました笑。

 

【専門学生時代】上京と空っぽな人生。センチメンタルかよ。

育って、育って進学したのは東京の専門学校。

 

結局受験は上手くいかず、全敗。

ちょっと興味のあった建築を学ぶべくという建前の下

熊本から上京してきました。

 

姉が神奈川に就職で

親からGOサインをもらえたからというのもあります。

  

また0からの新しい環境です。笑

 

ここで問題発生。

考えれば問題だらけの人生ですね笑

 

建築が好きじゃない!!!

正確に言えば建物は好きだけど、

自分で設計するのは好きじゃない!!

 

ってことに気づいてしまったのです。

 

そこからは急転直下。

奨学金借りて進学したくせに、授業はサボり気味になるし

 

先輩からはブラックな企業実態を聞かされて

一気に就職したくないなぁという気持ちが膨れ上がりました。

 

甘えたことぬかすなと言われれば大変おっしゃる通り。

でも、おもしろくない人生生きる意味があるのか?と

腹の中では常に考えてました。

 

 

そして、コロナの感染拡大。緊急事態宣言。

被災にコロナに、、、なかなかな人生です笑

 

ああ、何もできない自分は

花がしおれて土に還るがごとく。

先がない生活を送っていくんだろうな。

人生20歳にして詰みか。

 

なんて鬱々としてました。

 

【ネットビジネス開始】人生っておもしろいものだったんだなぁとしみじみ。

授業も全然楽しめず、

高校の経験から勉強嫌いになってたわたしに

再び勉強の楽しさを教えてくれたのはネットビジネスでした。

 

そこには、自力でとんでもない額を稼いでることを別にしても

めちゃくちゃ人生を真剣に楽しく生きている人達がたくさんいて

わたしはなによりそこにめちゃめちゃ惹かれた。

 

こんな風に旅行も人間関係も

時間の使い方も。

 

自由度の高い生き方をしてる人がいるんだって

いままで自分の立っていた地面が

ひっくり返ったように感じたのです。

 

わたしは完全夜型の人間で

朝は寝てたい派です。

このおかげで学生時代は苦労しました。

 

なんで人間は昼に活動するんだろうと

わけのわからん憤りを友達にも話したり笑

 

なんでもかんでもやりがりのわたしが

久しぶりにひょっこり目を覚ました感覚です。

新しいことを知るのも経験できるのも楽しい。

 

ブログ書いたり、メルマガ更新したり

教材買って出費に心臓をいためたり笑

毎日、刺激にはこと欠かない

おもしろい人生にできそうでわくわくします。

 

まだまだ頑張ります。

発信に反応がもらえるようになってきて、

「通話したい」と言ってもらえたり

「そんなこと考えたことなかった!ありがとうございます!」

と感謝されることも増えました。

 

やっぱり感謝の声をいただけると

胸の内がポッと上がるくなるような心地になります。

 

それがまたわたしに「もっと頑張ろう!」という

活力を与えてくれる。

めっちゃいい循環の中に身を置けていることに感謝です.。

 

いまはまだ誰もがあっと驚くような

華々しい実績はありませんが、

学び、実践を繰り返しながら

 

ビジネスをやりたいけどちょっと不安

今のバイト三昧から抜け出したい

自分に自信がない、やりたいことがない

好きな人生を歩みたい

 

そんな何もかもを解決してくれる可能性が

ネットビジネスには詰まっていますので

 

一歩踏み出せない方に勇気を与える存在になれれば

うれしいです。

 

 

わたしも何にもない状態からのはじまりだったけど

先輩方の経験、知識を買い

悩む時間をショートカットさせてもらうことで

人に何かを教えて感謝されるようになれました。

 

 

今、わたしがやっているのは

コンテンツビジネスという

 

ネット上に仕組みをつくり、

自分の代わりに働いてもらうことで

労働を減らし時間とお金の自由を両取りできる

  

そんなバカなと思われても仕方ないような

欲張りを可能にするビジネスです。

 

 

わたしもいま理想とする人生のために

毎日コツコツ作業を進めています。

 

 

なにかに縛られまくって後悔に埋め尽くされた人生ではなく

自分がやりたいように。

 

大切な人と大切な時間を過ごし、

平日も休日も関係なく自分が思い立った瞬間に

ひょいっとどこにでも行ける。

 

好きな人とだけ付き合って

スケジュールに追われることなくのんびり生活できる。

 

美味しいものをお金を気せずたっくさん食べたい。

 

きらきらした目をしながら

未来のことを語れる人とつながりたい。

 

理想を語れば止まらないぐらい

やりたいことがたくさんです。

 

でも、「普通に」就職して会社務めになれば

それは叶わない。

 

理想を叶えるために「普通」を捨て

ネットビジネスの世界の門をくぐり

はるか遠くの先輩方の背中を追いかけています。

 

 

 

ここまで読んでいただき本当にありがとうございます。

今読んでくださっているあなたがどんな人かを

詳しく知るすべはわたしにはありません。

 

でもきっと、現状に満足せず

変わりたい!

成長したい!

人生を変えたい!という

素敵な思いを抱えた方だと思います。

 

それと同時に

どう変わっていけばいいのかわからない。

やっぱり不安でなかなか踏み出せない。

そんな悩みも抱えているのではないでしょうか。

 

このブログを見つけたという事は

どうにかできないかあがく意思があることの証明です。

 

ブログをわざわざ読んで学ぼうとする人なんて

何十人に1人でしょう?

 

 

ビジネスは「やるか、やらないか」

既にあなたは一歩踏み出しています。

 

 

ここまで、わたしの人生や理想について

語ってきました。

 

もう一歩踏み出してみようという意思のあるなら

無料のメルマガを配信しているので

そちらに登録してみてください。

 

100万を越える自己投資で学んできた

具体的な稼ぐためのノウハウやマーケティング

マインドについてなどを詳しくお話ししています。

 

ブログより濃いやり取りを可能にするのがメルマガなので

ぽろっと超有料級の情報をもらしちゃったりしてます笑

読者さんとは長く深い関係を築いていきたいですからね。

 

ぜひ、どんどん学んで

成長の糧にしていただけたら嬉しいです。

 

流れ星は一瞬、チャンスも一瞬。

 

目の前に来たチャンスをあなたは

つかみ取れる人であってほしいと思います。

  

ふゆら

 

PS

メルマガの登録はこちらをクリック↓

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメント

タイトルとURLをコピーしました