有益ってどういうこと?

ビジネス

どうも!ふゆらです。

 

 

Twitterやブログ、YouTubeなど

媒体を問わず

根幹のやるべきことは変わりません。

 

 

本質を抑えれば、

そりゃあ、文字だけか動画かという

形の変化はあれど

何をするのかという部分に変わりはないのです。

 

 

有益=価値提供と言っても差し支えありません。

でも、具体的に有益ってどういうこと?

と聞かれたときそれを説明することはできますか?

 

 

説明できる人はさすがです。

きっとビジネスを成功させることができるでしょう。

言語化するってめちゃくちゃ大変です。

でも、それだけに価値があります。

 

 

言語化できていないマニュアルなんてありませんよね。

人に価値を提供するには

そこを乗り越えなければなりません。

 

わたしも苦手だったので、ファイトです。

 

 

と、すぐ脱線しがちなのは悪い癖ですね。

修正して、

「何が有益なのか」という話でした。

  

稼げるノウハウ?

ライティングのテクニック?

ナンパの方法?

 

 

どうでしょう?

あなたにとって何が有益ですか。

 

 

結論をここでスパッと言ってしまうと

「明確な答えはない」です。

 

はあ!?ここまで読んで損した!

と思わずもうちょっとお付き合いいただきたいのですが、

ちゃんとわかるように説明していきますね。

 

 

明確な答えはないと言いつつ、

指針はあります。

 

ちょっと戻ってみてください。

結論の前にある質問。

「あなたにとって何が有益ですか?」と問いました。

 

 

注目して欲しいのは【あなたにとって】の部分。

つまり、何が有益かというのは”人それぞれ”という事です。

 

 

でも、ここで終わってしまっては何もできません。

ビジネスの基本は「仮説と検証」の繰り返し。

 

 

何が有益かという部分は仮説を立てるのです。

この仮説もあてずっぽうでたてるんじゃなくて、

当たりから大きく外れないために

事前にリサーチすることが欠かせません。

 

 

ビジネスはリサーチで決まると言われるほど、

リサーチは重要です。

 

そして、このリサーチにもコツがあって

いろんなところからむやみに探してきても

意味がありません。

 

 

まず、必要なのは

あなたが「誰にとって」

有益なモノを提供するのかという点です。

全体の方針と言えましょう。

 

 

Twitterで「脱サラできる!」と言っているのに

ブログを覗いてみると「就職しなくていい」と発信しているのは

ちょっとずれてますよね。

 

脱サラという事は、狙っているメインの層はサラリーマンなわけです。

つまり、ブログもそっちに寄せる必要があります。

 

 

(ここを厳密にすることなく、ビジネスで自由を手に入れよう!と

発信している人も多くいますが

女子は女子同士で、学生は学生同士の方がコミュニティをつくりやすい

という面もあるので最初はある程度絞っておいた方が楽かと思います。)

 

 

グループをまとめる方法に「仮想敵」の設定というものがあって、

似た価値観の人を集めると、より結束を固くすることが

できるようになります。

 

 

オンラインサロンが宗教じみてるなんて言われ方することもありますが

そりゃそうなんですよ。

あそこは、サロンオーナーに共感して

似たような価値観を持った人が参加するので

自然と思想が強化されていっているんですよね。

 

 

これって教える人の考えに弟子が依ってしまうみたいなもんで、

例えば、物販で稼いでいる人は「物販最高!」と主張しますし、

プログラミングを教えている人は

「プログラミングいいよ!やりなよ!」と言います。

 

わたしも、コンテンツビジネスがいいと思っているからこそ

「コンテンツビジネスで仕組み化すれば、自由が手に入るよ!」

というわけです。

 

 

ここに正解はなくて、

しいて言うならどれが自分に合っているかな?と

探してみるのがいいと思います。

 

 

ディスるわけではないですが、

わたしは将来的に楽がしたかったので

手間のかかる物販やプログラミングはやろうと思いませんでした。

 

さっさと労働をやめたかったので笑

 

 

誘われてちょこっとやったことはありましたが、

梱包、発送、メッセージのやり取りなど

やってれば慣れるんですけどね。うーん笑。

 

感謝されたり、稼げたりはするので

ビジネスの感覚をつかむにはいいかもしれませんが

ずっとそれだと労働者のままです。

 

 

有益かどうかは相手が決めること。

だから、わたしたちはリサーチして、

お客さんが何を有益と感じるかを把握する必要があります。

 

 

例えば、わたしはビジネス始める前まで、

ちっとも行動力がなくて自信もないダメ人間だったんですけど

「行動すれば、人生変えられる」

という情報のおかげで、

今、うおーーー!!っと行動できているわけです。

 

 

つまり、ノウハウとか心理学とか

そんな小難しいモノでなくとも

「行動すれば、人生が変わる」という

 

「え?、そんなこと?」

とも言われかねない情報が

とてつもなくわたしにとって有益だったのです。

 

 

挫折しそうな人には、継続のコツを教えたり、

ちょっと胸の内を吐き出させるような相談会をしてみたり、

ブログの開設方法がわからない人に教えりる、

もしくは代行してあげたり

視野を広げてみればいろんな価値提供の方法があります。

 

 

必死に考えているといつの間にか

視野が狭くなってしまうことがあります。

真剣に考えるがあまり、ぐーっと寄りすぎてしまうんですね。

 

そんな時は、一歩。

また一歩ぐらい後ろに引いてみると

唐突に「あ、そういうこと」と腑に落ちたりするんですよ。

  

 

必死にならないといけないときもあります。

自分を変えるにはエネルギーが必要です。

 

 

でも、人が一番能力を発揮するには

「リラックスしている時」なんですよ。

 

だから、

「ああ、必死になりすぎてるな。頑張りすぎてるな。」

と思ったときは

ちょっと深呼吸して全体の流れを見てみることを

おすすめします。

 

  

では、今回の話はここまで!

まとめると

有益と感じるかは人それぞれだから、

ターゲットのことをリサーチして深く理解することが必須である。

 

あと、必死になりすぎたときは意図的に肩の力を抜いてみよう。

視野は広くね。

 

ってのが今回の話を雑にまとめた感じです。

 

良くわからなかった人は何度も読み返してください。

めちゃくちゃ大事なこと書いてるので!

 

質問あれば、お待ちしてまーす!では!

  

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメント

タイトルとURLをコピーしました