ゲームはなぜおもしろいのかという話と発信者がつまらない理由

ビジネス

 

どうも、ふゆらです。

 

わたしは小さい頃からサブカル的なものが大好きで

DSとかWiiとかたまごっち、PSP、ファミコンとか

いろんなものをやってました。

 

(今は、だいぶはなれてしまいましたが)

 

んで、他にも漫画、アニメ、小説とかにも

触れてきたんですけど

 

なんでああいうのっておもしろいんだと思います?

 

全てが笑えるギャグってわけじゃないでしょう?

 

でも、人を惹きつけ、離さないおもしろさがあるわけじゃないですか

なんでかなと思うと

 

いろいろ候補が見つかって長くなるんですが、

 

とりあえず言えることとしては

「そこにしかないものがあるから」です。

 

そして、ビジネスでもこれほど重要なことはありません。

ファンを生む源泉であり、

価値を高める要素であり、

競争せず、あなたが独自の存在として

長寿のビジネスを持つために必要なものでもあります。

 

単なるの表面の差別化ではなくて

本質的な部分からの差別化が求められます。

 

人の脳は大変優秀です。

似たようなものに触れると既視感を感じて

似たようなの見たなとちゃんとわかります。

 

そして、人は刺激が大好きなので

似たようなものに感動しないんですよね。

 

だからこそ、見分けてもらう上でも

自社独自のファンをつくるうえでも

差別化というのは避けて通れないのです。

 

 

ゲームとかでも、似たようなものってしんどくないですか?

一度クリアしたゲームをまたしなおすとかもしんどいですよね。

 

   

ストーリーが、操作が、体験が、キャラクターが

あらゆるものが違うからこそおもしろさが成り立っている。

 

100均とかでも一緒なんですけど

セリアとダイソーって傾向が違いますよね。

 

おんなじものもあるけど

細かいラインナップや傾向は違います。

 

おんなじだったら、セリアかダイソーか選ぶ必要がないですもん。

どっちいっても同じこと。

 

これでは、お互い食いつぶしあっているのと一緒ですよね。

 

マーケティング的な話をすると

「競争しない」はよいビジネスの条件としてあげられます。

 

独占できれば、そりゃあお客さん総取りですし

競合との競争に力を割かなくていいので

自社としても成長に思いっきり踏み込めるものです。

 

 

ただ、インフォビジネスの世界でそれは難しい。

 

だって知識なんておんなじですからね。

誰が言ってもいっしょ。

 

あとはそこにどんな付加価値があるのかだけ。

 

じゃあ、どうやって差別化するのかという話をすると

「解説方法」「提供方法」「発信者」

 

ざっくりこれぐらいでしょうか。

 

【解説方法】

人は自分に理解させてくれる人を好ましく思います。

 

何言ってるかわからない宇宙人なんて恐怖の対象でしかないし、

コミュニケーションが取れない外国人も苦手です。

そして、互いに共通項のない赤の他人も苦手。

 

たとえば、わたしは数学が苦手なんですけど

そのわたしに数学ができる人が解説すると悲惨ですよ。

 

こうだから、次は当然こうなる。

んで、こう答えが出る。

 

明瞭でいいと思うんですけど、

言ってわかるならたぶんつまづいてないです。

 

もう、幼子に教えるかの如くかみ砕いてもらわないと

わたしには理解できない。

 

相手に伝わるように話すコツは

「相手の世界の言語で話すこと」

 

そうしたら、理解してくれます。

たとえ話とかはここを意識すると親近感も生まれるし

好感も生まれるので一石二鳥です。

 

数学ができる人は、流れを理解してるから

ところどころ解説をはしょりよるんですよ。

あたりまえだから、言わなくてもいいでしょ?みたいな。

 

そうやって自分の世界の言葉で話すと

互いに理解できなかったり、誤解が生じたりするんです。

 

 

【提供方法】

テキスト、動画、音声などの伝える手段から

Twitter、ブログ、YouTube、メルマガ、LINE@などの媒体

コミュニティ、1対1、買い切りかなどの形式

 

組み合わせ次第ではありますが

ここはあまり差別化を意識しなくても良いところだと思います。

 

演出的にこだわってもいいけど

まず、商品そのものが重要なので。

 

ソフトな面を見るのなら、

お客さんをどのように導くのか。ですね。

お客さんはどんな体験を得て、商品にたどり着き

商品を購入した後、どんな未来へ行くのか。

 

この話はいくらでも膨らむのでここでは語りません。

 

【発信者】

ここが多くの人が力をいれますよね。

 

単純に自分というキャラクターの要素で勝負する人。

掲げるコンセプトで勝負する人。

持っている情報・スキルで勝負する人など。

 

まあ、どれか一つではなく

最大化する組み合わせはどれか。という見方をすると

バリエーションも増えるしテストもしやすいと思います。

 

自分が持っている装備品は何があるのか。

自分自身のステータスで強みはあるか。

強みとして変換できる弱みはあるか。

 

そして、強キャラをつくるにはどうすればいいのか。

これはあなたが勝負する市場に左右されるので

一概には言えませんが

 

あなたのお客さんは「どんな人に惹かれるのか」と

考えれば自分の主張と見え方を織り交ぜた

良いポジションができると思います。

 

あとはかぶらないようにするだけですね。

 

自分自身をふり返って

あらゆる場面で

 

なにをすれば

「自分が提供できるもの」を求める理由として

お客さんが訪れてくれるのか。

 

これを考えてみてください。

 

それでは、今回はこの辺で。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメント

タイトルとURLをコピーしました